STORY
CHARACTER
SYSTEM
MOVIE

参戦作品 オリジナルキャラクター

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

富野喜幸(現:富野由悠季)監督、安彦良和氏、サンライズが初めて一緒に取り組んだ本作は、後に登場する数々の名作の原点の一つといえる。
「主人公=善」という画一的な描写ではなく、戦いに巻き込まれてしまった一般市民から敵視される主人公たちの描写など、争いによる人々の心理や悲劇を描いたストーリーは、当時、衝撃を持って受け止められた。

宇宙の殺戮者ガイゾックにより故郷ビアル星を滅ぼされた人々は、地球に隠れ住んでいた。
それから数百年後、ガイゾックは突如地球に出現し、攻撃を開始。
地球で生まれ育った主人公、神勝平とその一族・神ファミリーは、祖先の残した巨大合体ロボットザンボット3と宇宙船キング・ビアルで戦いに挑むが、守るべき人々からは「ガイゾックを呼び込んだ元凶」と迫害される……。