TOPICS


“PlayStation2”専用ソフト、「スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd」が 11月1日にいよいよ発売される!
今回は各ゲーム系媒体の記者の方々に“スクコマ2”を事前プレイして頂いた感想を一 挙公開!


またスパログでも水木一郎をはじめとする、スパログの執筆陣がスクコマ2をひと足お先に体験プレイ!
そのインプレッションを続々掲載中なのでチェックすべし!!

緑川光
その1
その2
置鮎龍太郎
その1
その2

誰でもクリア可能!?『スクコマ2』は初心者でも遊びやすい!

 多数のロボットアニメ作品が一堂に会する『スーパーロボット大戦』シリーズ。デフォルメされたガンダムやマジンガーZ、
ゲッターロボといったロボットたちが、作品の枠を超えて共通の敵に立ち向かう、シミュレーションゲームである。およそゲームに精通するユーザーの中で、知らない者はいないだろう。そんな同シリーズの最新作が、『スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd』である。  
 しかし、シリーズ最新作といっても、本作は従来作品とは様相が異なる。まず、ロボットがリアル頭身だし、ゲーム自体もリアルタイムで進行する。そう、繰り返すが、シリーズ最新作とはいっても、本作は遊び勝手が過去のシリーズ作品とはまったく違う作品なのだ。では、『スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd』とはどのようなタイトルなのか。
ジーパラ編集部員がプレイして感じた印象を述べていこう。

リアルタイムだけど、
初心者だってなんとかなるようにできている!
 
 冒頭でも述べたが、本作はリアルタイムシミュレーションである。自分が何もしなければ、どんどん敵が攻めてきて、どんどん攻撃を受けてしまい、気がつけばゲームオーバー。そんな危険性を秘めたタイトルである。いつもの『スパロボ』みたいに、マップをにらみながら何分も次の行動を考える、なんてことはできない。  
 と、書くと「えー、そんなの焦ってムリ」と思われるユーザーが多いかもしれない。しかし、ちゃんと作り手だって考えている。リアルタイムシミュレーションの初心者だって、「基本」を覚えればクリアできるようになっているのだ。  
 たとえば、「難易度設定」と「フリーバトルモード」。前者は4段階の中から選ぶことができ、最も低い「EASY」でプレイすれば、大抵のステージが“力押し”でクリアできるようになる。なぜかというと、難易度が下がると敵が弱くなるので、たいした戦術を用いなくてもどんどん敵を倒せるから。極端な言い方をすると、“とにかく敵に向かっていけばOK”といった感じなのだ。  
 そして後者の「フリーバトルモード」では、本編のストーリーとは関係なく1ステージをプレイ。そこでボーナス(改造資金)や経験値を得るのである。もちろん、「フリーバトルモード」で得たボーナス等は本編の
「ストーリーモード」のデータに反映。つまり、何度も「フリーバトルモード」を繰り返しプレイすれば、序盤でフル改造のユニットを作ることもできるのである(そうとう、たいへんだけど)。  
 ちょっと「ストーリーモード」をプレイして、クリアできなかったとする。そうしたら「フリーバトルモード」でボーナスを貯めてユニットを強化して、また同じステージに臨めば良い。ね? 今度は勝てたでしょ?  
では、リアルタイムシミュレーションに慣れているユーザーにとっては物足りないのか。そんなことはない。自分の腕に自信があるのなら、
難易度を最高の「TERRAR」にすれば良い。でも、後悔するなよ!




 

コマンドは多彩、でも絶対じゃない! 
初心者から上級者まで堪能できる!
 
 実は本作には、ミッションの遂行にあたって、多彩なコマンドが用意されている。「移動」「攻撃」「囮」「追跡行動」などなど…。さらに、たとえば「攻撃」にも「突撃攻撃」「狙撃攻撃」の2種類があるように、内容が細分化されているコマンドもある。こんなの、とてもじゃないけどいきなり言われたって理解できるわけがない。でも大丈夫。ちゃんと、何回かに分けてチュートリアルで教えてくれるから。具体的に、話数で言うと第4話まで、ミッション開始前にチュートリアルが入る。そこで、各項目の内容をその都度、教えてくれるのだ。このチュートリアルも、全項目を一挙に教えるのではなく、「今回はこれ、次はこれ」というように順を追って説明してくれる作りになっているのが良い。先日のCM撮影のときに水木一郎さんも
「チュートリアルは大事」って言っていたが、そのとおりだ。  
 とは言え、それでもいくつもあるコマンドの使いどころがわからない、
なんてこともある。じゃあ、やっぱり初心者じゃムリなの? 
いやいや、大丈夫。だって、とりあえず「移動」すれば良いんだもん。先にも述べたように、難易度が「EASY」だったり、何度も
「フリーバトルモード」をプレイしてユニットを改造しておけば、
自軍のロボットたちは、とんでもなく強くなる。それこそ、ちょっとやそっとじゃ壊れない。さすが「超合金Zだぜ!」と叫んじゃうくらい各ロボットが硬くなる。もちろん、攻撃力を強化すれば「格闘」だけで倒せちゃう。そう、
コマンドがわからないならわからないなりに、なんとかできちゃうのである。  
 しかし、そんな勝ち方はやっぱりスマートではない。そんな力押しだけの戦法は許せない! 
というのであれば、各コマンドをしっかり頭に叩き込んで自分なりの戦術を見出せば良い。実際、出撃させるユニットの組み合わせや、移動ルート、使わせる攻撃方法などなど、頭を使う要素は多い。本作に用意されているコマンドは、多彩なだけじゃないのだ。熟知すればするほど、練りこまれた戦術を立てられるぞ。

コンVの肩にダンバインが乗れる!?
リアル頭身だけでも一見の価値あり!
 
 もうひとつ、触れておきたい要素が「リアル頭身」だ。コン・バトラーVなら57m、ダンバインなら約6.9m。なんと、その差は約50m。これが、本作ではリアルに描かれている。そして、この2機が隣接して映る
シーンがオープニングムービー中にあるのだが、なかなか興味深い画になっている。ダンバイン、コン・バトラーVの肩に乗れそうなサイズなんだよね…。見ようによっては、思わず笑っちゃうシーンかもしれない。  
 ゲーム性やビジュアルなど、いろいろな面で従来のシリーズ作品とは趣が違う『スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd』。しかし、どんなユーザーでも世界に入り込める遊びやすさは、まさしく『スパロボ』。“食わず嫌い”は損かもしれない!?

ジーパラドットコム  和田 麿生 http://www.gpara.com


 
ページTOPへ