TOPICS


“PlayStation2”専用ソフト、「スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd」が 11月1日にいよいよ発売される!
今回は各ゲーム系媒体の記者の方々に“スクコマ2”を事前プレイして頂いた感想を一 挙公開!


またスパログでも水木一郎をはじめとする、スパログの執筆陣がスクコマ2をひと足お先に体験プレイ!
そのインプレッションを続々掲載中なのでチェックすべし!!

緑川光
その1
その2
置鮎龍太郎
その1
その2

 スパロボ大好き担当Oです。さて、スクコマですよスクコマ!
前作ファンの私としては続編は待ちに待ったという感じ。本家のスパロボとはシステムがかなり異なるぶん、ちょっと敷居が高いと思われがちな「スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd(以下スクコマ2)」をややファン視点からレポートします。  

試行錯誤と戦術づくりがおもしろい  
 スクコマの面白さは、パズル的に戦術の組み立てを探し出すところにあり! 序盤は考えなしで突っ込んでいってもなんとかなるものの、中盤以降は1回でステージクリアするのが難しくなってきます。そこからの試行錯誤が楽しい。
敵の出現位置・タイミング、イベントの発生などが失敗するたびに見えてくるので、出撃メンバーを代えてみたり、進行ルートや各機に出す指示を変えてみたりと、新たな戦術を練る。
考え抜いた戦術がぴったりはまってクリアできたときはスッキリ気分爽快!
 とはいえ、基本的にはスパロボ本家シリーズと同様に、ユニットの役割をはっきりと決めればOK。敵の中に突っ込ませる斬り込み役、後方から援護する射撃役を区別して運用すれば、ほとんどの局面で対応できます。オススメは、スーパー系ユニットに突っ込ませ、中距離からリアル系ユニットがマシンガンなどで「足止め」射撃、さらに中~遠距離からウイングガンダムゼロカスタムなど大火力のユニットが「狙撃」する3機セットの運用。斬り込み役をリーダーにして、支援機に追跡指示を設定しておけば、移動時の操作も簡単です。

なかには攻撃をせずに敵を追跡するステージも。クリアに必要な戦術設定を考えるのが楽しい。

使用条件が変更された必殺技を使いこなそう  
 前作から変わった点といえば、本家のスパロボにある要素をいくつか採用したこと。精神コマンドや気力など、おなじみのシステムを導入したのにあわせ、必殺技もチャージ式から気力条件になり、多少プレイ感は変わりました。チャージ式の前作では敵の誘導と味方の位置取りがシビアだったのに対し、今作では気力をいかに上げるかが重要。
混戦になると、気力を上げたいユニット以外が敵を撃墜したりして、目的のユニットの気力を上げるのが難しいところ。
ステージクリア時にパイロット特殊技能をもらえますが、そこで「闘争心」を最優先に入手しまくって、出撃時から気力を高くしておくのが現状での私のオススメ。あとは必殺技は撃てるときに撃つ! ENは少しずつ回復するので、出し惜しみせずに必殺技を決めてハデに戦うべし!
主人公のユニット「羽々斬」の必殺技は強力だが、射程内は味方も巻き込むので使い方が難しい。

やっぱりスパロボ、ロボットの共演を楽しもう  
 なんだか難しそうだな~と思った人も「EASY」モードがあるから大丈夫、単純にロボットの共演を楽しみましょう。
巨大なコン・バトラーVに小さなダンバインという具合に、サイズ差もリアルに表現されたユニット群の3Dバトルはスクコマならでは。各アニメ作品のストーリーや設定を活かした演出も盛り込まれており、スパロボの面白さの柱はしっかり。
あとはステージ数も前作よりグっと増えているのでやり応えもアップしています。
夜空に舞い上がるガンダム2機のかっこよすぎる登場は必見。こういった共演の魅力こそスパロボ!

まだプレイは中盤といったところですが、数々の仕様変更で前作に比べてかなりスパロボファン向けに仕上がった印象。
前作を敬遠してしまった人もスクコマ2をぜひお試しあれ!

ゲーマガ編集部


 
ページTOPへ