TOPICS


“PlayStation2”専用ソフト、「スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd」が 11月1日にいよいよ発売される!
今回は各ゲーム系媒体の記者の方々に“スクコマ2”を事前プレイして頂いた感想を一 挙公開!


またスパログでも水木一郎をはじめとする、スパログの執筆陣がスクコマ2をひと足お先に体験プレイ!
そのインプレッションを続々掲載中なのでチェックすべし!!

緑川光
その1
その2
置鮎龍太郎
その1
その2

“リアルタイムストラテジー”。こう聞くと、ちょっとでもゲーム知識がある人なら、妙に敷居の高いものを連想してしまうはず。確かに、出撃しているユニットすべてがリアルタイムで動き、それを把握するわけなので忙しいのは間違いない。ただ、このシリーズの楽しさはその忙しさにあると思う。マジンガーZの視点で戦況を見ている最中、コン・バトラーVの豹馬から「敵の増援を確認!」なんて報告が聞こえてくる。ロボットファンにしてみれば、これはニヤリだ。豹馬がオレに報告してくれるのだ。
甲児がカミーユが、ショウがオレの指示を待っている。そう考えるだけでワクワクしてくるのは、おかしいですか? たまらんでしょう?

 もちろん、ほかのシミュレーションでも似たような状況はあるけれど、このワクワク感が一番伝わってくるのは、リアルタイムというベースがあるからではないだろうか 。

 そんななか、個人的に目をひいたのが任意のユニットを自由に操作できる「マニュアルモード」。この手のゲームにはありがちなことだけど、ユニットが指示したとおり100%動かないこともある。そんなわずらわしさが解消されているのはうれしい。さらに、マニュアルで操作するユニットのパイロット気分で遊ぶ“なりきりプレイ”もできちゃう! 自分設定でダンバインを主人公にして、こんな小さなユニットが、デカいロボットを指揮する快感に浸れるのだ。そういった意味でも、このシステムはゲームの遊びの幅を広げたんじゃないかなと思う。

 さらに『2nd』では、「精神コマンド」や「強化パーツ」といったいわゆる『スパロボ』らしいシステムを追加しているのもうれしい。これが、ただ追加しました~ってものではなく、『スクランブルコマンダー』用にカスタマイズされているのがポイント。同じ「熱血」という精神コマンドでも、「20秒間攻撃力がアップ」と効果が異なるのでなかなかに新鮮。
『スーパーロボット大戦』というタイトルで、しかもシミュレーションというジャンルである『スクランブルコマンダー』シリーズ。『スパロボ』と同じものとしてくくられがちだけど、戦略性というゲームの基礎部分でうまく住み分けができているんじゃないかな。『スパロボ』好きはもちろん、リアルタイムストラテジーの入門編としてもオススメです。

電撃PlayStation編集部 有部デルチ

イベントもしっかり夢の共演。近年の作品が多いのも魅力の1つ。

視点もグリグリ動かせちゃうので、戦況もつかみやすいのです。

バルキリーも変形しほうだい。ファイター? バトロイド? いやいやガウォークでしょう!(写真はバトロイド)

げぇー! コン・バトラーVデカい!! これも一種の感動です。


 
ページTOPへ